デリーの高級ホテル3選!(Bookimg.com編)

 

一泊数万〜数十万円する高級ホテル。誰もが一度は泊まってみたいと憧れますよね!

ということで、今回は「宿泊施設(ホテル)研究」第1回として、

THE 高級ホテルを調査するとともに、記事を書いていこうと思います!

 

① Booking.com 研究

 

今回はBooking.comをベースに検索をかけましょう!

「デリー」とタイプして、検索!

あれ、デリーで検索すると6軒しかない。。。じゃあ、ニューデリー??

 

今更ながら、デリーとニューデリーの違いに困惑。。。

 

“「デリー」という、どこの州にも属していない行政直轄区があり、それがインドの首都デリー。

そして、そのデリーの中にあるエリアのひとつが、「ニューデリー(New Delhi)」と呼ばれています。”

地球の歩き方

 

さすが地球の歩き方。

ちなみにデリーの中には「オールドデリー(Old Delhi)」という地区もあり、

その名の通り、歴史や趣のある建築物が多く、旅行者人気の観光スポット。(参照:Trip Tap Toe, Culture Trip

ジャマ・マスジット(Jama Masjid

オールドデリーマーケット(Old Delhi Market)

 

。。。。。

 

何の投稿か一瞬忘れかけてましたが、今回は高級ホテル研究でしたね。

さっそくいきましょう!

1072軒は多いので、絞り込み検索使用!

予算は5段階あるので、もちろん一番最高値(¥26,000+)をチェックし、

その下にある人気の絞り込み条件でレビューが8.5以上(/10.0中)!

もちろん、この価格帯だとホテルランク5つ星しか残りませんでした。笑

20軒はまだまだ多いので、クチコミの数を「歴史の深さ!」や「(レビューしたくなる)高質サービス!」

と勝手に解釈しまして、

クチコミ数 900件以上! のホテルをピックアップして、3つ ご紹介していきます!

(ちなみに宿泊したことはありませんのでご了承ください。)

 

② 高級ホテル紹介!

 

1. タージ ディプロマティック エンクレーヴ ニューデリー(旧タージ パレス ニュー デリー)(Taj Diplomatic Enclave,New Delhi (Formerly Taj Palace,New Delhi))

 

これこそTHE高級ホテルの外観とエントランスですね。

白基調で木材の茶色や電球色のライトを用いるトラディショナルな雰囲気のなかに、

ラウンジソファーで青色を差し色に入れる美しさ。

お部屋の中。ベッドに背もたれの高級感がたまらないですね。

(公式HP:https://taj.tajhotels.com/en-in/taj-diplomatic-enclave-new-delhi/

 

2. ザ リーラ パレス ニュー デリー(The Leela Palace New Delhi)

やっぱり夜のライトアップがホテルを価値を付加しています。

建物を全部ライトアップしているわけでもないんですね。光と陰のバランスが素敵です。

 

水の青と自然の緑。

高級ホテルはどこでもそうですが、やはり資本力を感じます。笑

 

屋内の光と屋外の光。

お部屋の広さも抜群に良いですし、赤色系のカーペットがとてもおしゃれ。

ナイトタイムもほのかな光の中で、美味しいディナーやお酒を飲みながらゆっくり過ごせそうですね。

(公式HP:https://www.theleela.com/en_us/hotels-in-delhi/the-leela-palace-hotel-new-delhi/

 

3. ザ クラリッジス ニュー デリー(The Claridges New Delhi)

先ほどの2つと比較すると、スッキリしていて色合いもかわいい雰囲気です。

プールの形が某送金ネットワークのロゴに似ていたり、

家具の丸みや布物の柄などなど、やわらかい感じを受けますね!

(公式HP:http://www.claridges.com/

 

以上でBooking.comリサーチによる高級ホテル3選をご紹介させていただきました。

他にも時間があれば、今回は省いてしまった高級ホテルの情報も集めましたので、

3つではまだ満足できない方、お時間のある方は以下のURLも見てみてください!

 

また最近リニューアルした ジ オベロイ ニューデリー(The Oberoi New Delhi)もおすすめです!

(クチコミがまだ30件しかなかったです。。。)

 

海外の有名な絶景、綺麗なホテルの写真を見るとそれだけでワクワクしますよね!

みなさんのインドのイメージが少しは変わりましたか??

デリーの中でも貧困を垣間見る地域がある一方、このような超裕福層のためのサービスが提供されています。

 

次回は、価格帯「中程度」の宿泊施設を調査し、まとめますのでお楽しみにしていてください!


インドの首都デリーにある

Guest House WA.のご宿泊はこちらから!